今夜は、いつもお世話になっている湘南いなほクリニック院長であり、日本認知症予防学会神奈川県支部事務局長の内門先生の講演を聞きに沼津にきました。

認知症は、プライベートでも今後のビジネス社会でもリアルにみんなに関わる問題です。
基本、加齢に伴いヒトは認知症になります。

就業年齢が年々高齢になっている現在、就業しているスタッフさまが認知症になることも今後普通のこととなると思いました。

その中で、
・予防
・進行を遅らせること
・症状発症後もどのように日常と同じ生活を過ごすか

の3つのプロセスを考慮して、企業としてスタッフの皆さまへどのように安心と予防というメリットを提供できるのか?

当社のコンサル事業でも真剣に勉強していかなければいけないと考えております。
その方針が決まれば、またオリジナルのメリットをお客様へ提供できると思います。

まずはすべての大人が知ること。から始めないといけないと思います。

今夜は、素敵な出会いもあり、機会に感謝です。
明日も笑顔で!